This site best when viewed with a modern standards-compliant browser. We recommend Firefox Get Firefox!.

Linux-HA project logo
Providing Open Source High-Availability Software for Linux and other OSes since 1999.

USA Flag UK Flag

Japanese Flag

ホームページ

サイトについて

コンタクト情報

使用条件

協力方法

セキュリティ

This web page is no longer maintained. Information presented here exists only to avoid breaking historical links.
The Project stays maintained, and lives on: see the Linux-HA Reference Documentation.
To get rid of this notice, you may want to browse the old wiki instead.

2010.1.28
追加パッケージ集リニューアル
追加パッケージ集は、こちらから

2008.8.28
RHEL用rpm更新
更新情報はこちらから

2008.8.18
Heartbeat 2.1.4
リリース!
Downloadはこちらから

2007.11.13
Linux-ha-japan日本語ML移植しました

2007.10.5
日本語サイトOPEN
日本語MLも開設しました

2007.10.5
OSC2007 Tokyo/Fall で Heartbeat紹介
発表資料を公開しました

Last site update:
2017-12-11 11:50:32

クラスタ情報ベース(CIB)

クラスタ情報ベースは、主に2つのタイプのクラスタ関連情報を 複製し、記憶します。 1つはそのほとんどが静的設定データで、クラスタ内に存在するあらゆるリソースクラスタノード制約条件(または依存関係)を定義します。 もう1つの情報は、クラスタの現在の状態です。これについては、 現在アクティブになっている(注記:「アクティブ」と「実行中」は同じではありません) リソースに関するローカル・リソース・マネージャの情報と同様に、 既知のノードを一覧表で表す形式になっています。

クラスタ情報ベースは、空白(スペース)を無視するXMLとして記憶・処理され、 そのレイアウトや必須情報は、注釈付き DTDに収められています。

クラスタ情報ベースは、ポリシーフリーです。アップデート中は、全ての要素と属性が 逐語的にコピーされます。これによって、クラスタ情報ベースは、上位互換性と 下位互換性を兼ね備えているのです。

デフォルトを入力し、上記のDTDを強制し、完全性の問題を検出することが、 クラスタ情報ベースのコンテンツを使用するポリシーエンジンの役割です。

関連情報

クラスタ情報ベース/ユーザーガイド