This site best when viewed with a modern standards-compliant browser. We recommend Firefox Get Firefox!.

Linux-HA project logo
Providing Open Source High-Availability Software for Linux and other OSes since 1999.

USA Flag UK Flag

Japanese Flag

ホームページ

サイトについて

コンタクト情報

使用条件

協力方法

セキュリティ

This web page is no longer maintained. Information presented here exists only to avoid breaking historical links.
The Project stays maintained, and lives on: see the Linux-HA Reference Documentation.
To get rid of this notice, you may want to browse the old wiki instead.

2010.1.28
追加パッケージ集リニューアル
追加パッケージ集は、こちらから

2008.8.28
RHEL用rpm更新
更新情報はこちらから

2008.8.18
Heartbeat 2.1.4
リリース!
Downloadはこちらから

2007.11.13
Linux-ha-japan日本語ML移植しました

2007.10.5
日本語サイトOPEN
日本語MLも開設しました

2007.10.5
OSC2007 Tokyo/Fall で Heartbeat紹介
発表資料を公開しました

Last site update:
2017-12-15 20:15:44

Heartbeatの設定

ここからは、Heartbeat全設定ファイルのフルシンタックスへのリンクですが、初心者の方は、リンク先の細かい内容の前に、以下のページに目を通すことをお勧めします。

Heartbeatを設定する上で、設定が必要なファイルは、以下の3つです。

ドキュメンテーションディレクトリには、重点注釈付きのバージョンが用意されています。これらのファイルを/etc/ha.dにコピーし、ニーズに合わせて変更するとよいでしょう。R2(CRM)スタイルの設定については、Heartbeatのインストールスクリーンキャストをご覧ください。

基本的なHeartbeatの設定例については、基本的なシングル IPアドレス設定のページをご参照ください。

バージョン2 注釈

リリース2のソフトウェアは、リリース1のソフトウェアとまったく同じ設定が可能なのですが、それでは、新しい機能は入手できなくなってしまいます。それでも、大半の方は、リリース2の機能をお望みでしょう。

リリース2の新機能を手に入れるためには、リリース1の設定とほとんど変わらないのですが、haresourcesファイルは、クラスタ情報ベース (CIB)コンポーネントが管理する、共通のXMLをベースにしたクラスタ全体設定ファイルに置き換えられています。詳しくは、CIBユーザーガイドをご覧ください。

関連情報

V2情報バージョン2の代替入門書Heartbeatチュートリアル (Linux-HA用グラフィカルマネジメントツール)