This site best when viewed with a modern standards-compliant browser. We recommend Firefox Get Firefox!.

Linux-HA project logo
Providing Open Source High-Availability Software for Linux and other OSes since 1999.

USA Flag UK Flag

Japanese Flag

ホームページ

サイトについて

コンタクト情報

使用条件

協力方法

セキュリティ

This web page is no longer maintained. Information presented here exists only to avoid breaking historical links.
The Project stays maintained, and lives on: see the Linux-HA Reference Documentation.
To get rid of this notice, you may want to browse the old wiki instead.

2010.1.28
追加パッケージ集リニューアル
追加パッケージ集は、こちらから

2008.8.28
RHEL用rpm更新
更新情報はこちらから

2008.8.18
Heartbeat 2.1.4
リリース!
Downloadはこちらから

2007.11.13
Linux-ha-japan日本語ML移植しました

2007.10.5
日本語サイトOPEN
日本語MLも開設しました

2007.10.5
OSC2007 Tokyo/Fall で Heartbeat紹介
発表資料を公開しました

Last site update:
2017-12-14 23:46:42

GUIガイド

こちらはドラフト版です。

こちらのガイドに関するご意見・コメントがある方は、zhenhltc@cn.ibm.com まで電子メールをお送りください。

未解決の問題については、GuiOpenIssuesに掲載されています。

GUIのToDoリストは、「GUI ToDoリスト」に掲載されています。

ビルド

管理デーモンがコンパイルされたビルド済みバイナリを実行していない場合は、このセクションをお読みください。

CVSで最新のソースコードをチェックします。--enable-mgmtオプションを使用して構成し、make およびmake installを実行します。ソースコードをビルドして実行するには、以下のパッケージをインストールしてください。

  • swig

  • pythonおよびpython-devel2.4以降

  • python-gtk2.4以降

  • gnutlsおよびgnutls-devel

  • libgcryptおよびlibgcrypt-devel

  • pam-devel

  • gettext

構成

ha.cf

サーバーノードでHeartbeatに管理デーモンを起動させます。これを行うためには、ha.cfの末尾に次の行を追加します。

apiauth         mgmtd   uid=root
respawn         root    /usr/lib/heartbeat/mgmtd -v

注:バージョン2.0.5以降のHeartbeatパッケージでは必要ありません。

/etc/pam.d/hbmgmtd

/etc/pam.d/hbmgmtdがご使用のOSの正しい形式になっていることを確認します。PAMに問題がある場合は、mgmtd-tオプションを付けて開始できます。その場合、PAM認証は無効になります(セキュリティ上の問題をテストする場合のみ)。

ファイアウォール

mgmtdおよびGUIクライアントは、ポート5560を使用します。このポートをファイアウォールで開くか、sshなどを使用してファイアウォールをトンネルします。

アカウント

デーモンを実行するノードでhaclusterのパスワードを変更し、そのパスワードで後からログインできるようにします。

最適な方法としては、クラスタを担当する各管理者に個別のログイン名を割り当て、/etc/groupファイルに認証されたユーザーIDを追加することです。

実行

全てのノードでHeartbeatを再起動します。Xサーバーがインストールされ、クラスタに接続できる全マシンで/usr/lib/heartbeat/haclient.pyを実行します。これには、使用しているデスクトップマシンや、クラスタコンソール(クラスタコンソールでXを実行していることを前提とします)があります。

ログイン

[Connection]メニューの[Login...]を選択、またはツールバーの1つ目のボタンを押します。

Loginダイアログウィンドウで、アクティブノードの名前またはIP、ユーザー名、パスワードを入力し、OKを押します。

クラスタ情報の表示

左側のツリーで項目を選択すると、右側のパネルに項目の情報が表示されます。

クラスタ表示

下図は、基本的なクラスタ情報のスクリーンショットです。

ノード表示

下図は、基本的なノード情報のスクリーンショットです。

リソース表示

下図は、基本的なリソース情報のスクリーンショットです。

新規項目の追加

[Action]メニューの[Add New Item]を選択するか、またはツールバーの"+" ボタンを押します。

追加する項目タイプを確認する小さなダイアログが表示されます。タイプを選択して、OK, をクリックします。続いて、新規項目の情報を入力します。

ocfおよびstonithクラスリソースエージェントの場合は、ダイアログボックスに自動的に表示されるパラメータは、GUIに必須のパラメータです。リソースにオプションのパラメータを入力するには、Parameters:ボックスの [Add]ボタンを押します。[Add]ボタンを押すと、次に表示されるダイアログボックスに、リソースエージェントのパラメータが全て表示されます。

heartbeatクラスリソースエージェントの場合、パラメータ名は、引数の引数番号に対応するシーケンス番号になります。例えば、1、2、3などです。

項目の削除

左側のツリーで項目を選択して、[Action]メニューの[Delete]を選択、またはツールバーのマイナス記号アイコンをクリックします。

ログアウト

[Connection]メニューの[Logout]を選択するか、ツールバーの2つ目のボタンをクリックします。

このシステムの構成ファイル

上記のスクリーンショットの多くは、AlanRobertsonのプロダクションクラスタから使用しています。以下は、このシステムの構成ファイルです。