This site best when viewed with a modern standards-compliant browser. We recommend Firefox Get Firefox!.

Linux-HA project logo
Providing Open Source High-Availability Software for Linux and other OSes since 1999.

USA Flag UK Flag

Japanese Flag

ホームページ

サイトについて

コンタクト情報

使用条件

協力方法

セキュリティ

This web page is no longer maintained. Information presented here exists only to avoid breaking historical links.
The Project stays maintained, and lives on: see the Linux-HA Reference Documentation.
To get rid of this notice, you may want to browse the old wiki instead.

2010.1.28
追加パッケージ集リニューアル
追加パッケージ集は、こちらから

2008.8.28
RHEL用rpm更新
更新情報はこちらから

2008.8.18
Heartbeat 2.1.4
リリース!
Downloadはこちらから

2007.11.13
Linux-ha-japan日本語ML移植しました

2007.10.5
日本語サイトOPEN
日本語MLも開設しました

2007.10.5
OSC2007 Tokyo/Fall で Heartbeat紹介
発表資料を公開しました

Last site update:
2017-12-12 18:12:57

Heartbeatリソースエージェント

クラシックなHeartbeat リソースエージェント(スクリプト)は、基本的にはLSB initスクリプトで、ステータスオペレーションが若干変わったものです。リソーススクリプトに関して、Heartbeatが実行するのは、以下のオペレーションだけです。

  • start
  • stop
  • status

以下、これらのオペレーションについてご説明いたします。

start オペレーション

所定のリソースをアクティブにします。

LSBでは、すでにアクティブになっているリソースをスタートすることは、決してエラーではありません。成功時は0で、失敗時は0以外で終了(Exit)します。Heartbeatは、カレントマシン上で実行したい場合で、ステータスが当該リソースをすでに実行中でないことを示す場合にしか、リソースをスタートしません。Heartbeatが、クラスタ内の異なるノードにおいて、同じリソースを同時にスタートすることは決してありません。

stop オペレーション

Deactivate the given resource.

所定のリソースをアクティブではない状態にします。 リソースが実行中でないことを確認したい場合に実行します。リソースをストップする前に実行中かどうか確認する場合もありますが、シャットダウン中はいずれにせよ、全てのリソースをストップします。

LSBでは、すでにストップしているリソースをストップすることは常に許容されています。Heartbeatは、実行中という認識のないリソースは確実にストップします。ストップに失敗した場合には、エラーの処理に、結果的にマシンを再ブートすることになりかねません。一部のRed HatスクリプトはLSBに準拠しておらず、実行中ではないリソースをストップしようとすると、クレームが付けられますので注意してください。

status オペレーション

所定のリソースの実行状態を判断します。

statusオペレーションは、ステータス(状態)を正確にレポートするだけでなく、当該リソースがアクティブになっている場合には、OK または running(実行中)のいずれかをプリントしなければならません。また、アクティブになっていない場合には、どちらもプリントすることができませんstatusオペレーションにおいては、リターンコードは無視します。

多少不可解な印象がありますが、適切なステータス終了コードについては確実に与えなかったにもかかわらず、OKまたはrunningについては確実にプリントしたという、初期のLinuxとの互換性に関する伝説的なハングオーバーがあるためです。

Heartbeatは、さまざまな場所でstatusオペレーションをコールします。リソースをスタートする前にも行いますし、リソースを解放する(IIRC)ときにも行います。

stopに繰り返し失敗すると、当該リソースについてstatusオペレーションを実行します。当該リソースがなお実行中であるというレポートがあると、確実にストップしていることを確認するため、マシンを再ブートします。

同時実行性

Startstopstatus オペレーションは、任意のマシン上の、任意のリソースにおいては、オーバーラップすることは決してありません。あるリソースにおけるオペレーションの同時実行については、心配はありません。

パラメータ

LSBリソースエージェントとは異なり、Heartbeatリソースエージェントには、位置的パラメータのリストを引き渡すことができます。パラメータは以下のように、オペレーション名のにきます。

IPaddr 10.10.10.1 start

このパラメータセットに対応するharesourcesラインは次のようになり、

IPaddr::10.10.10.1

startオペレーションで呼び出されます。

ロケーション

Heartbeat/etc/ha.d/resource.d および/etc/init.dresourceスクリプトを探します。

関連情報

ResourceAgentHeartbeatプログラムharesourcesLSBリソースエージェントOCFリソースエージェント