This site best when viewed with a modern standards-compliant browser. We recommend Firefox Get Firefox!.

Linux-HA project logo
Providing Open Source High-Availability Software for Linux and other OSes since 1999.

USA Flag UK Flag

Japanese Flag

ホームページ

サイトについて

コンタクト情報

使用条件

協力方法

セキュリティ

This web page is no longer maintained. Information presented here exists only to avoid breaking historical links.
The Project stays maintained, and lives on: see the Linux-HA Reference Documentation.
To get rid of this notice, you may want to browse the old wiki instead.

2010.1.28
追加パッケージ集リニューアル
追加パッケージ集は、こちらから

2008.8.28
RHEL用rpm更新
更新情報はこちらから

2008.8.18
Heartbeat 2.1.4
リリース!
Downloadはこちらから

2007.11.13
Linux-ha-japan日本語ML移植しました

2007.10.5
日本語サイトOPEN
日本語MLも開設しました

2007.10.5
OSC2007 Tokyo/Fall で Heartbeat紹介
発表資料を公開しました

Last site update:
2017-12-13 11:48:09

バージョン1系互換動作モードの設定と動作確認

heartbeat の設定

クラスタの設定

/etc/ha.d/ha.cf を作成編集します。

#crm on

logfile /var/log/ha-log

logfacility local0

keepalive 2

deadtime 30

warntime 10

initdead 60

udpport 694

bcast eth1

auto_failback on

watchdog /dev/watchdog

node sv01

node sv02

ping 172.20.0.1

respawn hacluster /usr/lib64/heartbeat/ipfail

apiauth ipfail gid=haclient uid=hacluster

※ i386版の場合は、/usr/lib64 を /usr/lib に修正してください

共有リソースの設定

/etc/ha.d/haresources を作成編集します。

例1

sv01 172.20.24.30/16

例2 httpd をインストールしてある場合

sv01 172.20.24.30/16 httpd

認証方法と認証鍵の設定

/etc/ha.d/authkeys を作成編集します。

auth 1

1 md5 someword

アクセス権の設定

# chmod 0600 authkeys

heartbeat の起動

起動

手動で heartbeat を起動します。

すべてのサーバでおこなう必要があります。 (例えば稼動系 sv01、待機系 sv02 等)

$ su sv01
# /etc/init.d/heartbeat start
Starting High-Availability services: [ OK ] 
$ su sv02
# /etc/init.d/heartbeat start
Starting High-Availability services: [ OK ] 

起動確認

稼動系サーバの仮想IPアドレスの確認

sv01# ifconfig -a eth0:0
        :
eth0:0
   inet addr: <-仮想IPアドレス

稼動系サーバのhttpdサービスの確認

sv01# ps -C httpd 

稼動系サーバでは起動しているはずです。

待機系サーバのhttpdサービスの確認

sv02# ps -C httpd 

待機系サーバでは起動してないはずです。

Webブラウザで http://<仮想IPアドレス>/ をアクセスしてみてください。

フェイルオーバーの確認

稼動系サーバの heaerbeatサービスを停止させます。

sv01# /etc/init.d/heartbeat stop
Stopping High-Availability services: 

正しく設定されていれば、仮想IPアドレスとサービスが待機系サーバに 引き継がれているはずです。

待機系サーバの仮想IPアドレスの確認

sv02# ifconfig -a eth0:0
        :
eth0:0
   inet addr: <-仮想IPアドレス

待機系サーバのhttpdサービスの確認

sv02# ps -C httpd 

Webブラウザで http://<仮想IPアドレス>/ をアクセスしてみてください。

フェイルバックの確認

強制的にフェイルバックを発生させるため、稼動系サーバで heartbeat サービスを起動します。

$ su sv01
# /etc/init.d/heartbeat start
Starting High-Availability services: [ OK ]

稼動系サーバの仮想IPアドレスの確認

sv01# ifconfig -a eth0:0
        :
eth0:0
   inet addr: <-仮想IPアドレス

稼動系サーバのhttpdサービスの確認

sv01# ps -C httpd 

稼動系サーバでは起動しているはずです。

待機系サーバのhttpdサービスの確認

sv02# ps -C httpd 

待機系サーバでは起動してないはずです。

Webブラウザで http://<仮想IPアドレス>/ をアクセスしてみてください。