This site best when viewed with a modern standards-compliant browser. We recommend Firefox Get Firefox!.

Linux-HA project logo
Providing Open Source High-Availability Software for Linux and other OSes since 1999.

USA Flag UK Flag

Japanese Flag

ホームページ

サイトについて

コンタクト情報

使用条件

協力方法

セキュリティ

This web page is no longer maintained. Information presented here exists only to avoid breaking historical links.
The Project stays maintained, and lives on: see the Linux-HA Reference Documentation.
To get rid of this notice, you may want to browse the old wiki instead.

2010.1.28
追加パッケージ集リニューアル
追加パッケージ集は、こちらから

2008.8.28
RHEL用rpm更新
更新情報はこちらから

2008.8.18
Heartbeat 2.1.4
リリース!
Downloadはこちらから

2007.11.13
Linux-ha-japan日本語ML移植しました

2007.10.5
日本語サイトOPEN
日本語MLも開設しました

2007.10.5
OSC2007 Tokyo/Fall で Heartbeat紹介
発表資料を公開しました

Last site update:
2017-12-17 04:46:19

リソースエージェント

リソースエージェントとは、特定のクラスタリソースに関する情報をカプセル化したものです。リソース・エージェント・タイプおよびサブタイプであるリソースインスタンスに応じて、さまざまなことを行います。サポートされているリソースエージェントは、標準的なLSB initスクリプトと大変よく似ています。

CRMと併せて使用する場合、Heartbeatバージョン2でサポートされているエージェントは3タイプあります(推奨順に列挙してあります)。

  1. OCFリソースエージェント

  2. LSBリソースエージェント

  3. Heartbeatリソースエージェント

ha.cfcrm yesが無い場合、あるいはバージョン1.xが使われている場合には、OCFリソースエージェントはサポートされません。

リソースインスタンスに対してHeartbeatが実行できるオペレーションには、以下の項目が含まれます。

  • start - 所定のリソースを有効にする、あるいは開始する。

  • stop - 所定のリソースを無効にする、あるいは停止する。

  • status - 所定のリソースのステータスを返す。

注記: OCF仕様では、statusオペレーションがmonitorに置き換えられています。

また、OCFエージェントは、以下の項目をサポートしていなければなりません。

リソースエージェントは、一般的にシェルスクリプトとしてコード化されています(シェルスクリプトである必要はありません)。リソースエージェントは、本質的には同期的に動作します。つまり、リソースエージェントを開始すると、しばらくして作業を終えます。作業が終わるまでの間は待つことになります。一定の作業(特にstartstopmonitor)は、終わるまでに相当な時間(数秒から、場合によっては数分)を要する場合があります。

注記: Heartbeatのクラスタリソースは、Heartbeat自体によってのみ、開始/停止されるべきです。例:Heartbeatが管理する共有ファイルシステムを、オペレーティングシステムで自動マウントするべきではありません

関連情報

HeartbeatリソースエージェントOCFリソースエージェントLSBリソースエージェント