This site best when viewed with a modern standards-compliant browser. We recommend Firefox Get Firefox!.

Linux-HA project logo
Providing Open Source High-Availability Software for Linux and other OSes since 1999.

USA Flag UK Flag

Japanese Flag

ホームページ

サイトについて

コンタクト情報

使用条件

協力方法

セキュリティ

This web page is no longer maintained. Information presented here exists only to avoid breaking historical links.
The Project stays maintained, and lives on: see the Linux-HA Reference Documentation.
To get rid of this notice, you may want to browse the old wiki instead.

2010.1.28
追加パッケージ集リニューアル
追加パッケージ集は、こちらから

2008.8.28
RHEL用rpm更新
更新情報はこちらから

2008.8.18
Heartbeat 2.1.4
リリース!
Downloadはこちらから

2007.11.13
Linux-ha-japan日本語ML移植しました

2007.10.5
日本語サイトOPEN
日本語MLも開設しました

2007.10.5
OSC2007 Tokyo/Fall で Heartbeat紹介
発表資料を公開しました

Last site update:
2017-12-13 11:48:09

Linux-HA リリース・ロードマップ

これまで、リリーススケジュールでは、さまざまな試みを行ってきました最善策ではありませんがが、今後、計画していることや、いつ行われるのかについての予定など、何らかのヒントが得られるように、wiki上にロードマップの作成を検討しています。

このロードマップは、2005年後半に、約2ヶ月ごとのリリースが予定されたことで、早期のリリース、頻繁なリリースのモデルに従おうと試みたものです。

予定されているバージョン、リリースタイプ、日付、機能は以下のとおりです。

2.1.4 –マイナーアップデート- 2008年8月18日

  • 動作改善・修正
    • Clone機能による待機系監視機能の動作改善
    • heartbeatの内部プロセス(lrmd)故障時の動作不具合の修正
    • うるう年の毎月末にエラーメッセージが出力されていた不具合の修正
    • PostgreSQL, Oracle, Xen などのリソースエージェントの動作改善
    • 故障解析用情報収集ユーティリティ(hb_report)の動作改善

2.1.3 –マイナーアップデート- 2007年12月21日

  • 機能追加・変更
    • heartbeatの問題点をリポートするユーティリティの追加
    • CIBの誤りと異常を見つけるツールの追加
    • Version2の動作モード(crm on)対応のsnmpサポートの追加
    • 新しいリソースエージェントの追加と修正
    • 新しい STONITH サポートの追加

2.1.2 –マイナーアップデート- 2007年7月30日

  • バグ修正
    • 配布ファイルのパッケージング上のバグを修正
    • CIDR形式で設定されたネットマスクを無視するバグを修正
    • RHEL4 でリソースエージェントであるIPv6addr がコンパイルできないバグを修正
    • Debian で configure ができないバグを修正

2.1.1 –メジャーアップデート- 2007年7月23日

  • 重要な変更
    • スクリプトの設置ディレクトリが/usr/share/heartbeatに変更(2.0.8版のスクリプトを利用する際には修正が必要)
  • 機能追加・変更
    • リソース(監視対象)の入れ替え(バージョンアップ等)に対するサポート機能を追加
    • DRBD(Distributed Redundant Block Device)用 master/slaveリソースエージェントを追加
    • IBM Bladecenter STONITH デバイスのサポートを追加
  • バグ修正
    • 前バージョン(2.0.8)で発生していたVer1.2.X との運用時における互換性の問題を解消
    • ldirectord のバグを修正
    • STONITH リソースエージェントの XML処理のバグを修正
    • IPaddr と IPaddr2 に影響するバグを修正
    • LRM のタイムアウト時の処理を修正
    • メモリリークやメモリ解放後に使用してしまっていたバグを修正
    • シャットダウン処理がハングする問題を修正

2.0.4 –バグ修正および新機能のマイナーアップデート- 2005年12月5日(予定)

コードフリーズ予定日:2005年11月28日

  • リリース 2 GUI (Bz: 403)

  • 「マクロ」リソースグループ (Bz: 827)

  • CRMクラスタと協調するシリアルポート (?)

2.0.3 –新機能とバグ修正- 2005年11月7日(予定)

コードフリーズ予定日:2005年10月31日

  • マスター/スレーブリソース(Bz: 63)

  • 予備的GFS統合(Bz: 487)

  • 基本的CIMサポート (Bz: 387)

  • BladeCenter STONITH モジュール (Bz: 393)

  • Apphbd スレッド安全性 (Bz: 385)

  • Autojoin 機能 (Bz: 132, 134)

  • リソース設定変更管理 (Bz: 881)

  • CIB XML確認用ツール (Bz: 609)

2.0.2 –軽微なバグ修正- 2005年9月23日

  • pingディレクティブのバグを修正
  • • pingおよびping_groupディレクティブをテストするためのチェックをBasicSanityCheckに追加

  • ノードのステータスが"ping"である場合に、成功(success)を返すように、cl_statusノードステータスを修正
  • CRMのLRMインターフェイスコードにおけるメモリリークを修正
  • 基本となるCBIスキーマバージョンが異なる場合、どのバージョンのCRMがDCになるのか決定するコードを修正。新バージョンではなく、旧バージョンがDCになるよう選択

2.0.1 –バグ修正リリース-2005年9月14日

  • コミュニケーションレイヤ
    • ネットストリングエンコーディングフォーマットの効率化
    • サイズの大きいメッセージに対応した圧縮技術
  • hb_standby/hb_takeover対応のmanページの追加
  • 2.0.0に起因するアサート(assert)の修正
  • CIBはXMLコメントの包含可能、またはDOSフォーマット対応可能
  • ISO8601日付フォーマントの実装
  • クラスタプリファレンス、ノード属性、およびノードスタンバイ変更用の新しいCLIツール
  • グループリソースの修復と配置の改善
  • ポリシーエンジンによる障害を起こしたノードの検出を修正
  • DTDセクション 1.5.{8,9,10,12} を備えた新しいポリシーエンジン

    • 制約条件とインスタンス属性については、条件付きでアクティブに
    • ルールがほかのルールを包含
    • 日付/時刻型の表記に対応
    • クローンリソースのピアのいずれかがストップ/スタートする前後に、オプションとして通知が可能
    • 定義されたアイドル間隔の経過後、クラスタが自動的に設定を再評価
  • 1.xと2.xが混在する環境で、わずらわしかったフロー制御メッセージを排除
  • OpenAISプロジェクトのコミュニケーションレイヤとの統合

2.0.0 –大規模なアーキテクチャの変更- 2005年7月29日

  • 大規模なアーキテクチャの変更
  • リソース(サービス)モニタリング
  • さらに大規模なクラスタのサポート
  • ルールベースのリソース配置
  • 高度化したディペンデンシーモデル
  • ウェブベースのモニタリングツール
  • その他多数