This site best when viewed with a modern standards-compliant browser. We recommend Firefox Get Firefox!.

Linux-HA project logo
Providing Open Source High-Availability Software for Linux and other OSes since 1999.

USA Flag UK Flag

Japanese Flag

ホームページ

サイトについて

コンタクト情報

使用条件

協力方法

セキュリティ

This web page is no longer maintained. Information presented here exists only to avoid breaking historical links.
The Project stays maintained, and lives on: see the Linux-HA Reference Documentation.
To get rid of this notice, you may want to browse the old wiki instead.

2010.1.28
追加パッケージ集リニューアル
追加パッケージ集は、こちらから

2008.8.28
RHEL用rpm更新
更新情報はこちらから

2008.8.18
Heartbeat 2.1.4
リリース!
Downloadはこちらから

2007.11.13
Linux-ha-japan日本語ML移植しました

2007.10.5
日本語サイトOPEN
日本語MLも開設しました

2007.10.5
OSC2007 Tokyo/Fall で Heartbeat紹介
発表資料を公開しました

Last site update:
2017-12-12 18:12:57

watchdog - ウォッチドッグデバイスの構成

watchdog 命令では、ウォッチドッグデバイスを使用するようにHeartbeatを構成します。一部の環境下では、ウォッチドッグデバイスをSTONITHデバイスの代わりに使用することができます。いずれにせよ、STONITHデバイスを使用していない場合には、構成した方が合理的です。必要に応じて、STONITHデバイスに 追加して構成します。

ウォッチドッグデバイスの目的は、Heartbeatが通常の間隔で自らのハートビートを検出できない場合に、マシンをシャットダウンすることです。これによって、スケジューラのバグなどがスプリットブレイン構成になりません。

以下は、watchdog命令の構文です:

watchdog watchdog-device-name

以下に、watchdog命令の例を挙げます:

watchdog /dev/watchdog

Linuxシステムで使用されている一般的なウォッチドッグデバイスは、softdogデバイスです。softdogデバイスは、ソフトウェアによるウォッチドッグデバイスです。通常、/dev/watchdogで参照できます。ただし、これは、ほとんどのUNIXデバイスと同様、「規則」ではなく「規定」です。

ウォッチドッグに関する特別な警告

Heartbeatは、自らの停止を宣言した直後にシステムを再起動するようウォッチドッグデバイスを設定しようとします。

また、正常にシャットダウンしたかどうか確認し、終了した場合は、システムは再起動しないでください。ただし、この動作は管理の対象外となります。これはウォッチドッグ・デバイス・ドライバによって異なります。softdogドライバについては、softdogページの設定方法に関する詳細をご覧ください。