This site best when viewed with a modern standards-compliant browser. We recommend Firefox Get Firefox!.

Linux-HA project logo
Providing Open Source High-Availability Software for Linux and other OSes since 1999.

USA Flag UK Flag

Japanese Flag

ホームページ

サイトについて

コンタクト情報

使用条件

協力方法

セキュリティ

This web page is no longer maintained. Information presented here exists only to avoid breaking historical links.
The Project stays maintained, and lives on: see the Linux-HA Reference Documentation.
To get rid of this notice, you may want to browse the old wiki instead.

2010.1.28
追加パッケージ集リニューアル
追加パッケージ集は、こちらから

2008.8.28
RHEL用rpm更新
更新情報はこちらから

2008.8.18
Heartbeat 2.1.4
リリース!
Downloadはこちらから

2007.11.13
Linux-ha-japan日本語ML移植しました

2007.10.5
日本語サイトOPEN
日本語MLも開設しました

2007.10.5
OSC2007 Tokyo/Fall で Heartbeat紹介
発表資料を公開しました

Last site update:
2017-12-17 04:46:19

高可用なリソース

リソースは、ハイアベイラビリティの基本単位です。これは、ハイアベイラビリティクラスタのリソースマネージャによって高可用性が実現されるサービスまたはファシリティです。

リソースは、抽象化されたもので、さまざまなタイプがあります。リソースは、ディスクボリュームやバッジリーダーのように具体的なものから、IPアドレス、ファイアウォールルール、Webサーバーやデータベースサーバーなどのソフトウェアサービスのように抽象的なものまでを指します。

リソースは、以下の基本操作をサポートしていなければなりません。

  • start: リソースを開始または制御する。

  • stop: リソースの制御を終了または放棄する。

  • status: リソースが開始または停止されたかどうかを判定する。

  • monitor: リソースが適切に動作しているかどうかを詳細に判定する。

R1スタイルのリソースstatusをサポートし、 R2スタイルのリソースmonitor操作をサポートしていなければなりません)

ハイアベイラビリティクラスタのリソースマネージャは、リソースがクラスタ内のどこかで動作していることを確認して、ユーザーがすべてのリソースを使用できるようにします。

Heartbeat R1のクラスタマネージャは(クラスタ・リソース・マネージャも同様)、リソースグループと呼ばれるグループにリソースをグループ化します。この場合、各グループは、クラスタ・リソース・マネージャによって一括で起動、停止、または移動されます。

関連情報

リソースエージェント プライマリノードhb_standbyhb_takeoverharesources