This site best when viewed with a modern standards-compliant browser. We recommend Firefox Get Firefox!.

Linux-HA project logo
Providing Open Source High-Availability Software for Linux and other OSes since 1999.

USA Flag UK Flag

Japanese Flag

ホームページ

サイトについて

コンタクト情報

使用条件

協力方法

セキュリティ

This web page is no longer maintained. Information presented here exists only to avoid breaking historical links.
The Project stays maintained, and lives on: see the Linux-HA Reference Documentation.
To get rid of this notice, you may want to browse the old wiki instead.

2010.1.28
追加パッケージ集リニューアル
追加パッケージ集は、こちらから

2008.8.28
RHEL用rpm更新
更新情報はこちらから

2008.8.18
Heartbeat 2.1.4
リリース!
Downloadはこちらから

2007.11.13
Linux-ha-japan日本語ML移植しました

2007.10.5
日本語サイトOPEN
日本語MLも開設しました

2007.10.5
OSC2007 Tokyo/Fall で Heartbeat紹介
発表資料を公開しました

Last site update:
2017-12-11 04:47:19

Heartbeat管理者のクラスタ管理サポート用に、多数のツールが(/usr/lib/heartbeat)に用意されています。

設定の確認

crm_verifyツールは、整合性およびその他の問題について、 設定データベース(クラスタ情報ベース)をチェックするよう、 Heartbeatと一緒に提供されているものです。 このツールは、設定内容などのファイルのチェックにも使えますし、 実行中のクラスタに接続することもできます。 また、問題をERRORとWARNINGの二つのクラスに分けてレポートします。 ERRORは修正が必要ですが、WARNINGは管理者の裁量に委ねられます。 ERRORの一例には、存在しないリソースに関する制約条件やIDが コンフリクトするオブジェクトが考えられます。 クラスタオプションが指定されていない場合、 一般的にはWARNINGしか出しません。

注記:2.0.3で追加

クラスタ概要

crm_mon を使って、クラスタの概要を入手できます。このツールは、 アクティブなノードとアクティブではないノード、既知のリソース、 およびそのロケーション(該当する場合)の表示ができます。 crm_monにはモードが数種類あり、以下のいずれかを行えますます。

  • カレントステータスをダンプして終了
  • デーモンとして動作して、htmlファイルを作成
  • 端末の動作で定期的に自動アップデート

NOTE: 2.0.1で追加
NOTE: ダンプ・終了オプションは、2.0.3で追加

リソース管理

リソース管理は主にcrm_resourceで行われます。 管理者は、このツールで以下のことが実行できます:

  • クラスタ内のリソースのリスト作成と位置表示
  • リソースの現在位置からの移行、または特定のノードへの移行
  • 手動でリソースをクリーンアップした上で、クラスタをリフレッシュ
  • リソースの無効化と削除

注記:2.0.3で追加

ノードスタンバイ

ノードからすべてのリソースを移行(退避)するタスクは、ごく一般的です。 Heartbeatでは、この動作をstandbyモードと呼んでおり、 crm_standbyツールで 実行することができます。ノードは、管理者がリソース実行を再度許可するまで、 あるいはHeartbeatが当該ノードで再起動される(通常は当該ノードが再ブートするとき)まで、 無期限にスタンバイモードにすることができます。

注記:2.0.2で追加

その他の設定変更

CRMは多様なオブジェクトを把握するため、設定を全て作成できる単一のツールはありません。 しかし、設定データベースを任意で変更できるcibadminツールがあります。このツールは、 新規オブジェクトの作成だけでなく、既存のオブジェクトを照会、変更、削除することができます。

CIBのアップデートには、以下の厳守いただきたいルールがあります:

  • 全てのオブジェクトは、idに対応する値を持つこと。

  • 同じタグを持つオブジェクトは、同じid値を共有できない。

注記:2.0.0で追加