This site best when viewed with a modern standards-compliant browser. We recommend Firefox Get Firefox!.

Linux-HA project logo
Providing Open Source High-Availability Software for Linux and other OSes since 1999.

USA Flag UK Flag

Japanese Flag

ホームページ

サイトについて

コンタクト情報

使用条件

協力方法

セキュリティ

This web page is no longer maintained. Information presented here exists only to avoid breaking historical links.
The Project stays maintained, and lives on: see the Linux-HA Reference Documentation.
To get rid of this notice, you may want to browse the old wiki instead.

2010.1.28
追加パッケージ集リニューアル
追加パッケージ集は、こちらから

2008.8.28
RHEL用rpm更新
更新情報はこちらから

2008.8.18
Heartbeat 2.1.4
リリース!
Downloadはこちらから

2007.11.13
Linux-ha-japan日本語ML移植しました

2007.10.5
日本語サイトOPEN
日本語MLも開設しました

2007.10.5
OSC2007 Tokyo/Fall で Heartbeat紹介
発表資料を公開しました

Last site update:
2017-12-11 11:50:32

リソースを手動で回復するには?

リソースが管理されていないものとして表示されるのはなぜですか?

  • クラスタは、以下の2つの理由によって、リソースを管理されていないものと認識します。
    • 複数のノードでリソースがアクティブとして報告されている
    • クラスタから要求され、STONITHを使用できない場合に、リソースを停止できなかった

アクティブなリソースおよびリソース状態に関する信頼できる情報源は、LRM内にあります。CIBの内容は直接変更することはできないため、これらの変更はLRMからのデータで将来上書きされる可能性があります。

リソースを手動で停止し、クリーンアップしたら、crm_resourceの-Cオプションを使用して、LRMからリソースを削除する必要があります。この使用方法は、crm_resource --helpで表示できます。一般的な形式はcrm_resource -C -r my_resource_nameです。デフォルトでは、-H some_hostも指定しない限り、全てのクラスタノードで実行されます。

2.0.5以降、このコマンドは、クラスタにLRMからの最新の詳細情報を使用してクラスタ自身を更新するよう自動的に指示します。それまで、ユーザーは「少し待って」からcrm_resource -Rを実行します。

2.0.6(このドキュメントの執筆時点では、まだリリースされていません)以前は、ユーザーが適切な値を慎重に選択した上で、-rを付けて使用しなければなりませんでした。これはグループ内のリソースに影響を及ぼしますが、初期のCRMの選択が不適当であったことに加え、後方互換性を確保しなければならなかったことから、デフォルトのままにしていました。

以下のコマンドを実行すると、クラスタがリソースに使用する内部名が表示されます。:
cibadmin -Ql -o status | grep "lrm_resource " | awk '{print $2}' | sort -u

リソースに一致するものを探し、crm_resourceを呼び出す際にその値を使用してください。