This site is a work in progress — you can help! Please see the Site news for details.

About/ja

From Linux-HA

Jump to: navigation, search

Linux-HA プロジェクトについて

Linux-HA プロジェクトとは、数多くの高可用(High Availability)ソリューションで広く利用されている重要なコンポーネントのことであり、各種プラットフォームのためのベストなHAソフトウェアパッケージの一つとして位置づけられています。1999年から現在まで、推定3万件以上インストールされており、このプロジェクトに対する関心は高まり続けています。ウェブページには一日平均2万件にもおよぶヒットがあり、Heartbeatは一日当たり100件以上ダウンロードされています。

Heartbeat は現在、SUSE Linux, Mandriva Linux, Debian GNU/Linux, Ubuntu Linux, Red Flag Linux, Gentoo Linux. Ultra Monkey の一部として組み込まれており、またいくつかの商用の組み込みシステムのベースとしても使われています。このプロジェクトは Linux-HA プロジェクトと呼ばれていますが、ソフトウェアの移植性は高く、FreeBSD, Solaris, OpenBSDでも動作します。

このプロジェクトとソフトウェアに関しては、数多くの論文や複数の専門書籍でも取り上げられました。詳細は プレスルーム(PressRoom)を参照してください。

またこのプロジェクトでは、リアルタイム・ディスクレプリケーションソフトウェアであるDRBDとの高度な連携を実現し、 LVS (Linux Virtual Server)プロジェクトとも一緒に連携しています。これらのプロジェクトの目的はお互いに相補的なものであり、こうした連携は今後も続いて行くでしょう。

また、Heartbeatはオープンクラスタフレームワーク (OCF)の先駆的な実現者であり、Pacemakerのようなリソース管理機能と組み合わせることによって、D.H.ブラウンのRASクラスタの機能に関する分析 (2000年3月)で記述されているような商用システムに匹敵する機能を備えることができます。 事実、Heartbeat + Pacemaker の組み合わせは、多くの商用HAシステムの持つ機能に匹敵もしくはそれらを凌駕するほどの技術や基本機能を提供します。ぜひ試してみてください。

リファレンスサイトのページでは、 Heartbeatが大小の組織で実際に利用されている例をいくつか紹介しています。このページへさらに追加があればぜひお寄せください。

一般的なアプリケーションとしては以下のような種類があります。

  • データベースサーバ
  • ERP アプリケーション
  • ウェブサーバ
  • LVS ダイレクタ(ロードバランサ)サーバ
  • メールサーバ
  • ファイヤウォール
  • ファイルサーバ
  • DNS サーバ
  • DHCP サーバ
  • プロキシ・キャッシュサーバ
  • 独自アプリケーション

Heartbeat は、ほとんど全ての分野・業界・組織で利用されています。

Personal tools
In other languages