This site is a work in progress — you can help! Please see the Site news for details.

Heartbeat/ja

From Linux-HA

(Redirected from Heartbeat/jp)
Jump to: navigation, search

Heartbeat はクラスタ基盤サービス(通信とメンバシップ管理)を提供するデーモンです。これによってクライアントプロセスは、他ノードで動作している通信相手プロセスの存在(と消滅!)を知ることができ、メッセージの交換が簡単にできるようになります。

利用者にとって意味のある使い方にするには、Heartbeat デーモンとクラスタリソース制御部(CRM)を組み合わせて利用する必要があります。 クラスタリソース制御部(CRM)はサービス(仮想IPアドレス、ウェブサーバ等)の起動や終了をつかさどるもので、これによってサービスの高可用化が実現できるようになります。Heartbeatベースのクラスタ上で推奨されるクラスタリソース制御部はPacemakerです。

過去の経緯

Heartbeat バージョン 2.1.4 までは、メッセージ通信レイヤ(狭義のHeartbeat)と、現在はクラスタグルーと呼ばれる共通ライブラリ(ローカルリソースマネージャ、「共通配管用」ライブラリ、STONITH)、リソースエージェント、そしてクラスタリソース制御部(現在のPacemaker)の全てがheartbeatという名前の単一のパッケージに含まれていました。また Linux-HA プロジェクトそのものを指してheartbeatという呼び方がなされることもありました。

現在ではこの呼び方は適切ではありません。Heartbeatバージョン3.0以降では、heartbeatという名称はメッセージ通信レイヤだけを指すようになります。

Personal tools
In other languages