This site is a work in progress — you can help! Please see the Site news for details.

Pacemaker/ja

From Linux-HA

Jump to: navigation, search

利用者にとって意味のある使い方にするには、Heartbeat デーモンとクラスタリソース制御部(CRM)を組み合わせて利用する必要があります。クラスタリソース制御部(CRM)はサービス(仮想IPアドレス、ウェブサーバ等)の起動や終了をつかさどるもので、これによってサービスの高可用化が実現できるようになります。

Hertbeatバージョン1では基本的なリソース制御部が利用可能でしたが、これは2ノード限定でかつリソースレベルの故障には対応できませんでした。

Heartbeat バージョン2.0.0では、この制約を解決するために新しいリソース制御機能が導入されました。

2007年にこの新リソース制御機能はPacemakerプロジェクトとして分離 され、新たなクラスタスタック(OpenAIS/Corosyncとの組み合わせ)がサポートされるようになりました。

Pacemaker に関する情報は Pacemakerプロジェクトウェブサイトにて提供されています。

Personal tools
In other languages